HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナム:年初2カ月の実績から年間経済を予想


 年初2カ月、投資額、消費、輸出はいずれも順調な伸びが見られた。この実績から今年の経済発展を予測してみよう。

■投資
 外国投資は、外国直接投資(FDI)、政府開発援助(ODA)、外国間接投資ともに増加する。昨年のFDIは102億ドル、実行投資額は41億ドルと記録的だったが、前年同期と比較し年初2カ月の新規FDI誘致、追加投資、実行投資額はさらに増加、FDIで今年はまた新たな記録が生まれるかもしれない。
 
 昨年44億5,000万ドルが約束されたODA。支払実行額は今年、さらに高まると見られる。間接投資は以前、ほぼ無きに等しい状況だったが、株価高騰を受け昨年半ばから大きく増加している。国営企業では株式会社化、株の売出しが進む。民間投資も、蓄積された資本により増加する。国内外投資額の対GDP比は、数年前の中国の44%は下回ろうが、前年の41%を上回り、世界でも高水準となるだろう。

■消費
 国内消費は大きく拡大する。年初2カ月間の小売・サービス業売上高は前年同期比24.1%増、物価上昇率を差し引いても16.5%増となる。国内消費拡大は経済成長の原動力でもあり、また国内外の投資を呼び込む働きもする。

■輸出入
 世界貿易機関(WTO)加盟による加盟各国への輸出時の関税障壁撤廃・削減を受け、輸出は拡大する。またダンピング訴訟という事態になっても、ベトナムはWTO加盟国という立場で訴訟に臨める。年初2カ月の輸出は国内企業、外資企業ともに伸びており、この勢いを保てば輸出額は500億ドルにも達し、国会で提示された成長目標17.4%、商務省目標の20%をも超える可能性がある。
 
 だが輸入関税削減により輸入も増加、年初2カ月の輸入超過額は10億7,200万ドル(前年同期は1億200万ドルの輸出超過)で、有効な対策が打ち出せなければ、輸入超過額は前年の48億ドルを超え、65億ドル程度に達するかもしれない。

■工業生産
 投資および消費の拡大から、工業生産も引き続き増加する。年初2カ月の成長率は17.5%で17年連続の二桁成長を続けているが、発電量は3.9%の伸びに留まっており、深刻な電力不足を生んでいる。

 市場開放によりサービス分野の成長は目標を上回ると見られる。GDPの8割相当を生む工業・建設・サービスは高く成長しており、年間GDP成長率が目標(8.2~8.5%)に到達する確率は高く、これを超える可能性もある。

■金利・為替相場
金利は引き続き高水準となる。証券市場では上場企業・投資家が増加、時価総額は上昇するものの、2006~2007年初めのような過熱はないだろう。

 物価上昇率も、投資・消費拡大など上昇要因はあるが、資金は証券や不動産などにも流れることから上昇は抑制され、経済成長率を下回ると見られる。対ドル相場は外貨流入増から1%前後の下落にとどまるだろう。

(Dau Tu)

(2007/03/28 05:35更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナム:年初2カ月の実績から年間経済を予想 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.