HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

いざ勝負、ベトナム国内小売大手が結束


 SATRA、HAPRO、Sai Gon Co-op、Phu Thaiの小売大手各社は、外国企業進出に対抗すべく、ベトナム小売システム投資開発株式会社(VDA)を立ち上げる。

■国内組の結束を
 SATRAとSai Gon Co-opは2年前、An Giang省、Hue市、ダナン市といったホーチミン市以外での出店に伴い協力を始めた。共同出資、経営陣を双方から選び、スーパーのシステム管理と経験が強みのSai Gon Co-opと、肉類や水産加工品といった生産分野での強みを持つSATRAが、互いの長所を最大限に引き出そうとした。この国内大手2社にHAPROとPhu Thai社が加われば、ハノイ市進出と物流部門の強化が期待できる。

 VDAは今年3月から来年10月(第1期計画)までに、1兆5,000億ドン(約9,375万ドル)をかけ全国の供給元と輸出入の基盤整備をする。その後2011年までに国内トップの流通企業グループとなるべく、スーパーやショッピングセンター建設、企業買収などに約3兆~6兆ドン(約1億8,750万~3億7,500万ドル)を投じる。

 壮大な計画の実現に向けて各社は、フィンランドの冷凍倉庫専門会社Huurreの招聘を検討している。30カ国以上で冷凍設備・技術を供給する同社輸出部門責任者Matti Vanhaen氏によると、単に商品を売るだけでなく、フィンランド政府の技術協力プロジェクトの一環として、冷蔵倉庫建設や物流システム構築について可能性を模索している。

 外国進出も視野にある。SATRAのTran Van Thuan氏によると、ベトナム進出を果たしているMetro、Big C、Parksonといった外国企業は海外での実績があるからこそ、供給元から信頼を得られている。流通業界が完全開放される2009年を目処に進出するLotte Shopping、Carrefour、Tesco、Dairy Farm、Wal-Martといった世界大手への対抗策として、準備を今から進めておく必要があるだろう。
 
■「現代型」店舗でシェア20%
 『2010年までの国内小売業発展計画と2020年までの見通し』が首相承認された。2010年までに現代的小売形態(スーパー・ショッピングセンターなど)の売上を160兆ドン(約100億ドル・シェア20%)に引き上げ、2020年までに約800兆ドン(約500億ドル・40%)とする。現在のシェア5~6%から考えれば、無謀にも思える設定だ。

 「高望みが過ぎる」との声も少なくないが、ここ数年の小売・サービス業の成長は著しく、経済成長率も年8%に達する。購買力は上がり、生産部門も順調に伸びている。

 商務研究院Nguyen Van Nam院長は、各国の経済成長過程で売買は、スーパーやネットショッピングなどに移行していく傾向があったとし、「目標達成の重要な要素となる」と言う。今後の各社のIT導入により、オンライン取引、バーチャル商店、通信販売が早期に普及する可能性も高い。若者人口が多いベトナムで、ハイテク技術の浸透は早いと考えられる。

 だが、これまで長きに渡り成長を遂げてきた個人商店などを主とする商業形態を考えると、目標達成は難しいとの見方もある。全国でスーパーは200軒、ショッピングセンターは30軒に過ぎず、「現代型」店舗で取引される商品は全体の10%、これに対し「旧来型」は約4倍の44%に達する。

 Nam院長も、「スーパーシェアを3年で20%とするのは難しい」と分析する。発展や技術の進歩により「旧来型」小売店は淘汰されていくだろうが、24時間営業のコンビニが実際に成功していると言えないことも確かだ。今のところ世間に、ドリンクやスナックを買うのにエアコンが効き制服着用の店員がいるコンビニを選ぶ習慣はない。

 生活スタイルの変化によりコンビニは成長を遂げていくのか? ベトナムは大部分の国民がいまだ低所得の農業従事者である。1分1秒に追われた生活をしているわけではない彼らは、市場の方を好むかもしれない。スーパーやコンビニの成長は大都市に限られ、現段階では農村での普及は難しいだろう。

(Sai Gon Tiep Thi)

(2007/03/16 10:03更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[統計情報1月の輸出入額408億ドル、単月で8億ドルの貿易赤字(05/21)
[クローズアップベトナム最新情報4597号 目次(05/21)
[政治・経済 2018年のIPO、ベトナムが東南アジアで首位(05/20)
[クローズアップベトナム最新情報4596号 目次(05/20)
[政治・経済ベトナム航空、アメリカ直行便の就航を準備(05/17)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > いざ勝負、ベトナム国内小売大手が結束 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.