HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナムオフィスリース料、2010年には沈静化


 「2007年、ホーチミン市のオフィスビル市場は需給格差から引き続き過熱する」。CB Richard Ellis Vietnam社(CBRE)のMarc Townsend社長はこう予測する。

 同市のオフィスビル面積は、▽Pasteur Tower、▽IWA Square、▽Royal Building、▽Capital Place、▽Miss Ao Dai、▽Starviewなど最近オープンしたものを含め5万8,633m2に達するが、需要超過の状態にあり、リース料高騰を招いている。

 Aクラス物件では2006年初めの月23ドル/m2から末には29.5ドル/m2となり年間28~30%上昇、契約率は100%に達する。Bクラスでは同21ドルから26.5ドル、契約率99%、Cクラスでも17.5ドルから20.5ドルとなり、契約率は95%だ(価格はVAT・サービス料を含まず)。市内のオフィスリース料は東京や香港、バンコクなどに次ぎ、アジアでは高値の部類に入る。

 CBREによると、現在同市で進行中のオフィスビル建設プロジェクトは86件。大半で2008~2010年の完成が見込まれ、ビル面積は2007年に15万8,800m2、2010年に27万3,200m2に拡大する。これ以外にも不動産投資を計画する企業は増加しており、リース上昇には歯止めがかかると見られる。

 不動産事業への新規参入を計画する企業に対しTownsend氏は、近い将来に供用できれば「勝ち組」に入れるものの、市場が飽和状態に達する2010年以降ではリスクが高いと指摘する。

(Dau Tu)

(2007/02/06 03:49更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報4668号 目次(08/13)
[日系企業情報「ハローキティ」のテーマパークに着工、ハノイで2020年開園予定(08/12)
[クローズアップベトナム最新情報4666号 目次(08/12)
[社会とトレンドコーヒーチェーンで外資は苦戦、国内企業は善戦し海外進出(08/09)
[クローズアップベトナム最新情報4665号 目次(08/09)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナムオフィスリース料、2010年には沈静化 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.