HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナムの2006年10大経済ニュース


?ベトナムWTO加盟
 11年間の交渉の末、2006年11月7日ジュネーブで、ベトナムTruong Dinh Tuyen商務大臣とWTO(世界貿易機関)のPascal Lamy事務局長はベトナムのWTO加盟に関する議定書に署名した。1カ月後の12月8日、米議会はベトナムに対する恒久的最恵国待遇(PNTR)の付与に関する法案を採択した。
ベトナムは150番目のWTO加盟国として、世界という大海に乗り出すこととなった。

?外国投資、急増
 2006年は外国投資誘致で大きな記録を達成した。外国直接投資(FDI)は102億ドルを誘致、実行額も41億ドルと最高を記録した。国外在住ベトナム人からの銀行経由による送金も40億ドルに到達している。また年末に行われた対越支援国会合では、この10年来で最高の45億ドルの資金援助が約束された。

?輸出で記録的な伸び
 輸出額はおよそ400億ドルに達した。10億ドルを超えたのは9品目、原油と繊維製品では50億ドルを超えている。最大の輸出先は米国(80億ドル)、それにヨーロッパ諸国(76億ドル)、ASEAN(65億6,000万ドル)、日本(52億ドル)となっている。2007年の輸出額は468億ドルに達する見込み。

?大型総公社、グループ形式へ移行
 複数の大型総公社がグループ企業へ移行、新たな形式で活動を開始することとなった。設立されたのは、▽石炭・鉱産物工業、▽繊維、▽郵政通信、▽船舶工業、▽電力、▽石油・ガスの各グループ。多分野・多業種で事業を展開し、競争力・収益向上を図る。

?証券市場の急成長
 上場株式が増加、VN Indexは今年800ポイントを超えた。急成長の背景には、WTO加盟、APEC(アジア太平洋経済協力会議)の成功やMerrill Lynch、HSBCといった世界の大手金融機関のベトナムに対する好評価がある。米ブッシュ大統領も来越時にホーチミン市証券取引所を訪問した。国内企業も証券市場からの資金調達に目を向けるようになり、積極的に市場に加わるようになった。
一方で上場企業の急増により証券取引システムの弱さも露見、ホーチミン市証取では技術トラブルで初めて取引を停止するという事態に。

?商業銀行、史上最高益
 2006年、銀行分野全体では平均17~18%の成長となった。30%の成長率を達成した銀行もある。国営銀行ではVietcombankが20%の成長、外国企業の進出増を受け、融資額で前年比61%増となった外国行もある。納税額でも銀行分野が石油、通信分野を抜いてトップとなった。各行が相次ぎシステム改善、増資に乗り出し、ほとんどの銀行で資本金が3,000億ドン(約1,875万ドル)を超えている。融資額が増加する一方で、不良債権率の増加は少ない。

?自然災害、家畜・作物に病害広がる
 台風1号により漁船19隻が沈没・所在不明となり、270名が死亡・行方不明となった。台風21号による死者は73名、物質的な損害額は7兆2,340億ドン(約4億5,213万ドル)に上った。住宅も4万8,660棟が倒壊している。台風・洪水の季節が過ぎてからは、各地方で干ばつの脅威にさらされている。
 12月末になりCa Mau省とBac Lieu省で鳥インフルエンザの再発が確認、家畜の口蹄疫も40省に広がっている。南部21省・市では稲病が猛威をふるった。家畜・作物の病害による被害額は2兆ドン(約1億2,500万ドル)に達すると見られる。

?ビル・ゲイツ氏来越、IT分野への投資誘致に弾み
 4月22日、Microsoftのビル・ゲイツ会長が初来越した。今回の来越では同社によるベトナム投資について大きな動きはなかったが、IT分野の発展、ベトナムの世界に向けたイメージPRにはプラスに作用した。
 IT分野での大きな出来事といえば、Intelの10億ドルのベトナム投資決定がある。また、ベトナム郵政通信グループ(VNPT)によると、今年の電話の新規契約件数は1,000万件で、電話契約の総数は2,550万件に達している。

?交通運輸省、汚職に揺れる
 4月4日、交通運輸プロジェクト管理委員会(PMU18)の汚職事件に絡み、Nguyen Viet Tien次官が逮捕されるというベトナム交通運輸史上初の事件が起こった。事件の引責としてDao Dinh Binh大臣も辞表を提出した。

?「爆弾」発言、空の安全に脅威
 ベトナム航空は今年、利用客の「荷物に爆弾が……」という、冗談もしくは故意の発言により3回の被害を受けた。発言はいずれも嘘だったが、受けた損害は大きかった。当局の対応の遅れにより3回目の事件発生に繋がり、社会に大きな影響を与えるこれらの行為に対し、首相自らが厳格な処分を求めるという事態に。

(Lao Dong)

(2006/12/29 10:02更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報4668号 目次(08/13)
[日系企業情報「ハローキティ」のテーマパークに着工、ハノイで2020年開園予定(08/12)
[クローズアップベトナム最新情報4666号 目次(08/12)
[社会とトレンドコーヒーチェーンで外資は苦戦、国内企業は善戦し海外進出(08/09)
[クローズアップベトナム最新情報4665号 目次(08/09)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナムの2006年10大経済ニュース 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.