HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

投資・進出

米Fortune誌、ベトナム証券市場は世界第2位の収益性

 4月17日付『Fortune』は、「今年、世界トップのジンバブエに次いで利益を見込めるのがベトナム証券市場」とする記事を掲載した。

 今年最初の取引日、1月3日のVN-Index(ホーチミン市証券取引所の株価指数)は305.28ポイントだったが、4月14日には555.15ポイント、約3カ月で80%以上上昇した。なかには同期間に100%以上の上げ幅を記録した銘柄もある。(なおVN-Indexは4月24日、600ポイントを超え、過去最高となる615.14ポイントを記録した)。

 市場の急伸に警鐘を鳴らす声もあるが、『Fortune』は▽高度経済成長、▽外国人投資家の株式保有規制緩和、▽大企業の株式化・上場準備などの結果だとして、危惧する必要はないと指摘する。だが同誌は、主婦や定年退職者、地方出身者などが賭博さながらに株式投資をしている事実には触れていない。投資ファンドにとっては証券市場での損得などごく日常のことだ。だがVN-Indexが2003年水準まで下がれば、個人投資家のほとんどが破産も同然の状況に追い込まれる。市場の健全性は、投資ファンドによる分析以外の要素からも判断されなければならない。

 VN-Indexは2001年6月25日に571.04ポイントを記録して以降続落、2003年4月1日には139.64ポイントにまで下落した。最初期の上昇は市場開設に付随する現象に過ぎないが、現在のそれは需要過多によるもので、ほとんどの投資家が上場企業の経営状況に関心を払っていないことが不安視される。

 投資家は外国投資家(プロ)と国内投資家(アマ)に大別できる。ベトナムが国債7億5,000万ドル(年利7.125%)の発行を成功させて以降、各国の投資家がベトナムを注視するようになったが、彼らは国債の利率を目安にして、それより利益率が高まるのを待っている。一方国内の個人投資家が株式に投資する理由は単純で、不動産市場は取引停滞、金価格は高騰するなど投資先が少ないからだ。だが現実には資金力に乏しい国内投資家は、株価上昇に追いつこうと株式を担保に株を購入している。この事態に国家証券委員会は先ごろ警告を発したばかりだ。

 市場の過熱・急冷による混乱を避けるため、国は保有する上場企業の株式を売却すべきだ。株式を大量売却すれば株価は下がる。だが政府は株価の下落を恐れて売却に二の足を踏んでいる場合ではないのだ。また企業にとっては株式化を行い、上場で資金調達するには最適の時期なのである。

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon / Thanh Nien)


(2006/04/27 06:36更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[法律・会計・労務外国人に適用される土地に関連する行政手続きが公表(05/15)
[クローズアップベトナム最新情報4296号 目次(05/15)
[事件と出来事ドンナイ省人民委員会の妻が職権乱用、夫の会社に便宜を図る(04/27)
[クローズアップベトナム最新情報4284号 目次(04/27)
[事件と出来事南シナ海で中国船の攻撃を受け、ベトナム漁船が沈没(04/26)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 投資・進出 > 米Fortune誌、ベトナム証券市場は世界第2位の収益性 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2009 HOTNAM! All rights reserved.