HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

AFTAに基づくベトナムの段階的減税計画


 AFTA(ASEAN自由貿易地域)に基づいたベトナムの段階的減税は、センシティブ品目(SEL)、一般除外品目(GE)、およびバイク部品、多目的車(2003年からの減税予定が遅延)など14品目で実現していない。これらの品目は5%以上の税率(自動車完成車、タバコなどは100%)が適用されているが、2006年から段階的減税が実施される。

 SELについて、ASEANはベトナムの段階的減税計画を次のように規定している。“2004年~2006年中に段階的減税を開始し、2013年(砂糖は2010年)までに税率を0~5%に引き下げる。1段階あたりの減税率は10%以上とし、変更した税率は3年間維持できる”。これに基づきベトナム政府は今年初め、段階的減税の対象となるSEL62品目のリストを公布した。また10月末に財政省は、SELの残る27品目(砂糖、販売用卵、種卵、玄米、籾、一部果実など)についても2006年からの減税開始品目とするよう政府に提案している。

 ベトナム政府はGEの50品目(電波発信機、レーダー、バイクなど)についても2006年からの減税開始として承認している。しかし財政省はバイクについて、完成車の現行輸入税が100%であり、2006年から一気に20%に引き下げるのは難しいとし、CEPT(共通効果特恵関税)適用を1年遅らせASEANとの交渉を継続し、よりソフトな段階的減税を図る必要があるとしている。電波発信機およびレーダーについては、財政省は来年からのCEPT適用(税率0~5%)を提案している。

 ベトナム財政省提案によるバイク部品、多目的車の段階的減税スキームは、バイク部品:2006年・20%、2007年・10%、2008年・5%、多目的車:2006年~2007年・20%、2008年10%、2009年・5%となっている。

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon)

(2005/11/29 09:05更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > AFTAに基づくベトナムの段階的減税計画 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.