HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナムの為替相場は安定、成長率は7~7.5%と予測


 ホーチミン市で9月26日、「ベトナム企業に対する2006年度の予算編成に関する支援」をテーマにセミナーが開かれた。席上、Citigroupのアジア・太平洋地域経済・市場アナリストのSim Moh Siong氏は、「ベトナムにおける今年の物価上昇率は7.5%の見込みですが、原油価格高騰の影響でさらに上昇する可能性があります。石油・ガソリン価格の高騰は一般庶民の生活にも影響を及ぼし、ベトナムの経済成長を妨げる最大の懸念材料となっています」と述べた。Citigroupは、今年のベトナムの経済成長率を7%(2004年は7.7%)、2006年は7.5%と予測している。

 金利および為替相場に関しては、年末にかけて経済成長率上昇を見込んだ資金の需要増によりベトナムドンの金利は上昇すると予想している。Siong氏は、「ベトナムで活動する銀行の預金金利は年利8%を超えるでしょう(ベトナム国家銀行発表の現在のベトナムドン年利は7.8%)。中国人民元の切り上げ、および他のアジア通貨の対ドル為替レートが上昇する中、ベトナムドンの対ドルレートは安定し、物価上昇は抑制できると見込んでいます。ベトナムでは今年の貿易収支の不均衡が懸念されていますが、外国直接投資や越僑の送金増加による外貨流入の増加で調整可能なため懸念材料とはなりません」と述べた。Citigroupは2006年のベトナムドンの対ドル為替レートを1USドル=16,020ドンと予測している(この数字は国家銀行発表のレートに基づいた予測で、各商業銀行の調整分を考慮していない)。

 Citigroupは、ベトナムのWTO加盟が実現すればさらなる改革促進が期待できるとしている。ベトナムはビジネス環境の改善速度が世界3位と好調だが、より高い投資効果を得るために更なる改革が望まれている。

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon)

(2005/10/11 12:46更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務 日本に技能実習生を派遣する悪質な仲介業者(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4648号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4647号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4646号 目次(07/20)
[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナムの為替相場は安定、成長率は7~7.5%と予測 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.